今日の人工知能ニュース 中国は2020年に米国と並ぶAI大国になる? トップクラスの研究で高まる存在感

人工知能

今日の人工知能ニュース 中国は2020年に米国と並ぶAI大国になる? トップクラスの研究で高まる存在感

人工知能(AI)の技術水準を2020年までに世界レベルにする--。中国政府が2017年に掲げた目標に向けて着実に歩を進めていることが、アレン人工知能研究所の調査から明らかになった。中国のAI論文数は勢いを増しており、上位10パーセントに占める中国の比率が20年に米国に並ぶことが予想されるという。こうした状況から見えてくるのは、AI研究にかける中国政府の強い意気込みだ。

中国は2020年に米国と並ぶAI大国になる? トップクラスの研究で高まる存在感
 人工知能(AI)の技術水準を2020年までに世界レベルにする--。中国政府が2017年に掲げた目標に向けて着実に歩を進めていることが、アレン人工知能研究所の…

「AIは常識を創造的に破壊する」将棋界からの教訓

工知能(AI)が人間を超える「シンギュラリティー」が、将棋界では起きた――。2017年に佐藤天彦名人を破ったAIを開発したエンジニアを擁するAI開発会社、HEROZ(ヒーローズ)の林隆弘・最高経営責任者が、そう言い切る理由は何か。

「AIは常識を創造的に破壊する」将棋界からの教訓:朝日新聞デジタル
 人工知能(AI)が人間を超える「シンギュラリティー」が、将棋界では起きた――。2017年に佐藤天彦名人を破ったAIを開発したエンジニアを擁するAI開発会社、HEROZ(ヒーローズ)の林隆弘・最高経営…

文系でも分かる「機械学習」のススメ 教師あり/なし、強化学習を解説

最近よく耳にするようになった「機械学習」という言葉。ビジネスで活用するには機械学習でできることとその限界を理解しておく必要があるだろう。

文系でも分かる「機械学習」のススメ 教師あり/なし、強化学習を解説
よく耳にするようになった「機械学習」という言葉。機械学習にはどのような種類があって、どのようなことができるのか。
タイトルとURLをコピーしました