3ウェイハンドシェイク

データサイエンティスト
スポンサーリンク

TCP – コネクションの確立と切断

TCPはコネクション型プロトコル(通信相手の応答があってはじめて通信を開始する)であることから、
データ転送を行う前にコネクションの確立を行います。このTCPにおいて使用されるコネクションの確立
のことを3ウェイハンドシェイクといいます。以下の手順の通り “3回のやりとり” によって確立されます。

TCP/IP - TCP 3ウェイハンドシェイク
TCP( 3ウェイハンドシェイク )についてはじめから解説。

3ウェイハンドシェイク

3ウェイハンドシェイクとは

他のコンピュータと接続するときのやり方のひとつ

であり

「TCP」と呼ばれるやり方で通信するときに使われる接続のやり方

であり

「こっちから何か送っても、いいかなー?」(質問)「いいともー!こっちからも送って、いいかなー?」(返事&質問)「いいともー!バッチ来いや~!」(返事)の3回のやり取りをして接続するやり方

Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
403エラーページです。用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。

【TCP】コネクションの確立までの道のり

レイヤ4トランスポート層では パケットを送信元から宛先までのデータ転送を制御・調整する層 となっており、主にTCPやUDPが使用される。TCPに於いては、 信頼性の高い通信サービスを保証している。 信頼性の高い通信サービスを確立することによって、転送中のデータがメディアの干渉によって信号がおかしくなり、レイヤ2(データリンク層)のエラーチェックで引っかかるなどが起こってしまうのを防いでくれる。

【TCP】コネクションの確立までの道のり - Qiita
レイヤ4の役割 レイヤ4トランスポート層では パケットを送信元から宛先までのデータ転送を制御・調整する層 となっており、主にTCPやUDPが使用される。TCPに於いては、 信頼性の高い通信サービスを保証している。 信頼性の高い通...

TCP 3 Way Handshake and TLS Full Handshake

TLS より下位レイヤーの TCP 3 ウェイハンドシェイクについても併せて整理してみます。

TCP の 3ウェイハンドシェイク と TLS のフルハンドシェイク
最近プロフェッショナルSSL/TLSを少しずつ読んでいます。 一章と二章を読み終わったところで、二章の TLS フルハンドシェイクについて整理してみたくなったので整理します。 また、 TLS より下位レイヤーの TCP 3 ウェイハンドシェイクについても併せて整理してみます。 TLS フルハンドシェイクまでのおお...

3ウェイハンドシェイク

3ウェイハンドシェイク : ネットワークスペシャリスト - SE娘の剣 -
まず問題。TCPコネクション確立方式である3ウェイハンドシェイクを表す図はどれか。(H22NW午前Ⅱ問14)正解はそれほど難しくないでしょう。参考までに、実際のパケットを見てみましょう。これは、192.168.1.1のPCからWebサーバ(203.0.113.1)にgazou.pngファイルを取得した
タイトルとURLをコピーしました