マルチエージェント社会シミュレーション

人工知能

マルチエージェント社会シミュレーション

マルチエージェントシミュレーション(よくMASと略されます)とは人間のように内部状態や行動ルールを持ち、自律的に意思決定を行う「エージェント」と呼ばれるオブジェクトを多数用いて仮想的な社会を作り、それらを用いて現実の様々な事象をモデル化しようというものです。タイトルにもあるように「人工社会シミュレーション」と呼ばれることもあります。

Pythonで人工社会シミュレーション - Qiita
Keiです。突然ですが、みなさんマルチエージェントシミュレーション(エージェントベースモデリング) ってご存知ですか? マルチエージェントシミュレーション(よくMASと略されます)とは人間のように内部状態や行動ルールを持ち、...

マルチエージェント・シミュレーションとは

複数(マルチ)の「エージェント」を用いた仮想実験(シミュレーション)のことを意味します。

まず、「エージェント」という名前だけを聞いて、マルチエージェント・シミュレーションがどのようなものか想像できないかも知れません。ここでの「エージェント」の定義は、自分の周囲の状況を認識し、それに基づいて、一定のルールのもとで自律的に行動する主体のことを言います。具体的に言えば、現実では人間や生物などがそれにあたります。つまり、エージェントは人間や生物の行動をルールとして模擬して自律的に振る舞う行動主体と言えます。

302 Found
タイトルとURLをコピーしました