カメラ応答関数とは?

画像処理
スポンサーリンク

カメラ応答関数

カメラ応答関数 - ip-expert-certification
カメラの応答関数 (入力)カメラへの入射光強度 -> カメラ応答関数(M = g(I)) -> (出力)画素値 一般にはカメラ応答関数が線形であることが望ましいが、カメラの機種ごとに非線形になる 画像からシーンの形状などを復元したいときに、画素値から入射光強度を求める方法が使われる。これにはカメラ応答関数の逆関数を使う...

高ダイナミック・レンジ

高ダイナミック・レンジ・イメージング(HDRI または HDR)は、標準的なデジタルイメージングや写真技術よりも大きなダイナミックレンジを再現するためにイメージングや写真撮影で用いられている技術である。人間の目は広範囲の光条件に適応できるが、ほとんどのイメージング・デバイスはチャネルあたり8ビットを使用しており、つまるところ256レベルに制限されている。現実世界の情景を写真に撮ると明るい領域は露出オーバーになり、暗い領域は露出不足になる可能性がある。つまり、単一の露出で細部をすべて捉えることはできない。そこでHDRイメージングでは​​、チャネル当たり8ビット以上(普通は32ビットの浮動小数点数)を使い、より広いダイナミック・レンジを可能にしている。

http://lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/OpenCV/py_tutorials/py_photo/py_hdr/py_hdr.html

カメラキャリブレーション

タイトルとURLをコピーしました