リレーショナルデータベースとは?

データサイエンティスト

リレーショナルデータベースの基本

データベースを使用する理由は、データベースを使用してデータを管理することで、次のメリットがあるからです。

  • 大量のデータの中から目的のデータを高速に探すことができる。
  • メモリに収まらない大規模なデータを扱うことができる。
  • 障害発生時に迅速な復旧ができる。
  • 並列性の制御ができる。
  • データの整合性を保証できる。

リレーショナルデータベースについて、分かりやすくまとまっているサイトです↓

リレーショナルデータベースの基本
データベースとは何か 「IT(Information Technology)」という言葉が一般的に使われるようになって、10年ほどが経過しました。今の世の中は、まさに「情報」が主役になっていると言えるでしょう。

このブログでは、データサイエンティストに必要な知識・技術もまとめていきます!
リレーショナルデータベースとは、事前定義された、関連があるデータ項目の集合体です。この項目は、列と行を持つテーブルのセットとして構成されます。テーブルは、データベースに表現されるオブジェクトに関する情報を保持するために使用されます。テーブルの各列には、特定の種類のデータおよび属性の実際の値を保存するフィールドが保持されます。テーブルの各行は、1 つのオブジェクトまたはエンティティに関連する値のコレクションです。テーブルの各行は、プライマリキーと呼ばれる固有の識別子を使ってマーキングできます。また、外部キーを使用すると、テーブル間で複数の行を関連付けることができます。このデータには、データベーステーブル自体を再編成することなく、さまざまな方法でアクセスできます。

リレーショナルデータベースとは? | AWS
リレーショナルデータベースの重要な側面について説明し、Amazon RDS で利用可能なリレーショナルデータベースエンジンについて復習します。

行と列によって構成された「表形式のテーブル」と呼ばれるデータの集合を、互いに関連付けて関係モデルを使ったデータベースのこと。「RDB」と略されることもある。最も普及しているデータベースシステムの1つ。単にデータベースといった場合はリレーショナルデータベースを指すことが多い。

リレーショナルデータベースでは、表の行(横)を「レコード」、表の列(縦)を「フィールド」、表を「テーブル」と呼ぶ。リレーションとはテーブル同士の関係を設定し、関連付けるものである。2つ以上のテーブルから関連性のあるものを結合して新しい表を作ったり、フィールドの値を更新すると、関連性のあるテーブルの値も自動的に更新したりできる。

リレーショナルデータベースを制御するソフトは、「RDBMS(Relational Database Management System)」「リレーショナルデータベース管理システム」と呼ばれている。Oracleの「Oracle Database」、IBMの「IBM DB2」、マイクロソフトの「Microsoft SQL Server」、オープンソースベースの「MySQL」や「PostgreSQL」などがある。

リレーショナル型データベース(以下、リレーショナル・データベース)は、データを行と列から構成される2次元の表形式で表します。列は各項目を表し、行はデータのエントリー(レコード)を表します。データ同士は複数の表と表の関係によって関連付けられ、SQL(構造化問い合わせ言語)によりユーザーの目的に応じて自由な形式で簡単に操作できます。そして、リレーショナル・データベースは、重複排除や一元管理の為のルールももっているのです。

Introductory database seminar | Oracle 日本
Introductory database seminar

リレーショナルデータベースとは、データベースで1件のデータをキー項目として、その項目に複数のテーブルが関連づけられているデータベースの方式のこと。関連付けた表のデータは結合や抽出が簡単にできることで効率的にデータを管理でき、さらにデータが壊れにくいというメリットがある。現在、中小規模のデータベースでは最も一般的なデータベースである。

リレーショナルデータベース | マーケティング用語集 | シナジーマーケティング株式会社 SynergyMarketing
CRM、顧客と良好な関係を築きビジネスを成長させるためのソリューション。CRMのプロがあなたのマーケティングを支援します
タイトルとURLをコピーしました