G検定の対策について

G検定
スポンサーリンク

G検定の申し込み

ディープラーニングの基礎知識を元に、活用方針を決定して事業活用する能力、知識を評価するG検定は、これからの時代を担う人材にとって重要です。

G検定の日程は、既に2020年の3月14日土曜日に1回目が終了、7月4日土曜日の2回目と11月7日土曜日の3回目が控えています。

2回目の7月4日土曜日の検定は、受験料が半額で実施される予定で、5月15日金曜日に申し込み開始となります。

時間は13時00分からで、受付の締め切りは6月26日金曜日の23時59分までです。

G検定のサイトは、G検定の申し込みが始まる前までメンテナンスが行われ、閉鎖状態になるので注意が必要です。オープンは申し込みの3時間前、午前10時00分に行われる予定です。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

受験資格は特に制限がありませんし、120分の試験は多肢選択式で220問程度、オンラインで受験できるのが特徴です

自宅受験が可能な試験なので、外出が難しくても諦める必要はなく、しっかりと勉強してから本番に臨めます。

出題の範囲はシラバスに収まりますから、事前に対策を立てることができますし、準備が試験に集中できる状況を作り、ポジティブな結果をより求めることが可能になります。

受験費用は一般が12,000円、学生は5,000円で、
2020年の2回目のみ一般が6,000円、学生が2,500円です。

金額はいずれも税抜ですから、消費税を加えた金額が最終的な費用です。

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

G検定の申し込みはインターネット、G検定公式サイトで完結しますから、外出不要で直ぐに申し込めます。

受験費用の支払いはクレジットカード、コンビニ決済の両対応なので、カードを持っていれば支払いも簡単ですし、カードがなくても受験できます。

誰にでも受験資格がありますし、自宅に居ながら試験を受けられますから、知識と応用力に自信を持つ人にとって挑戦しがいがあります。

受験料は決して安くないですが、裏を返せばそれだけ本気で挑戦可能だったり、腕を試してみるだけの価値があることを意味します。合格できれば自信に繋がりますし、経歴にG検定合格を加えることができるので、将来に役立つ経験となるでしょう。

G検定の対策

G検定の日程には余裕がありますから、年に数回挑戦の機会が設けられていて、しかも時間を掛けて準備をしてから臨めるわけです。

G検定の対策については、公式の推薦図書がいくつか存在しているので、これにまず目を通して知識を身につけるのが基本です。

推薦図書は10冊近く存在していますし、監修書籍や合格者が推薦する書籍も存在しますから、勉強に使える教材が充実しています。

中でも、G検定合格者による推薦図書は、初心者向けから実務者向けまで幅広く多くの層をカバーします。

初心者向けは、人工知能に初めて触れるビジネスパーソンや、機械学習や深層学習に興味を持つ人向けが中心です。

他にも、AIをビジネスに応用する方法や、身近なExcelでディープラーニングの理解を深める書籍もあります。

視覚的に分かりやすい絵を用いた書籍に、漫画で読みやすい本もありますから、推薦図書は受験予定者に限らず読んでみる価値ありです。

実務者向けの書籍としては、ディープラーニングをゼロから作ったり、PythonやKerasで学べる本が多い傾向です。

Pythonはプログラムのスタンダードですし、人工知能や機械学習の分野では外せない存在です。
だからこそG検定では、Pythonに特化した書籍も推薦しています。



数学に特化した書籍や理論、ビジネス知識の本も推薦図書でカバーしているので、気になる本から手に取って読み始めるのが良いでしょう。

いずれは一通り頭に入れたり、理解を深める必要がありますから、どこを切り口に学習を始めてもOKです。

学習はやはり、基礎が今後の理解や応用を左右するので、基本を軽視しないで分からない部分も徹底的に考えて身につけるのが理想的です。

勿論、時間は有限で闇雲に本を読んだり勉強するのは非効率ですから、出題範囲を確認してその中で時間を掛けて対策勉強を進めることが大切です。

AIも機械学習も、ディープラーニングも日進月歩で進化を続けているので、今日の知識が明日には古くなっている可能性があります。

しかし、基礎部分は学習から時間が経っても古くなりませんから、時間を掛けても損をしたり無駄になることはないです。

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

新しいニュースにアンテナを張りつつ、定石といわれる応用技術を勉強したり、知識のアップデートを図ることが受験対策に結びつきます。

勉強が済んだ部分に安心するのではなく、知識が古くなっていないか疑ったり、貪欲に新たな情報を探し求めるのがベストです。

技術者は、G検定に限らず毎日の勉強が不可欠で、勉強をサボるとその度に後れを取ってしまいます。

将来的に仕事に役立つ資格で、肩書が可能性を広げますから、時代に取り残されないように学んで合格を目指したいところです。

難易度はそこそこで気を抜くと不合格になりますが、一方では現実的に合格を目指せるので、本気で向き合い取り組めば合格できます。

用語集 G検定対策



タイトルとURLをコピーしました