醜いアヒルの子の定理とノーフリーランチ定理

AI

機械学習の分野において有名な二つの定理について扱う.醜いアヒルの子の定理は,認知できる全ての客観的な特徴に基づくと全ての対象は同程度に類似している,つまり特徴を選択しなければ表現の類似度に基づく分類は不可能であることを示している.ノーフリーランチ定理は,全てのタスクに対して常に他よりすぐれている万能的なアルゴリズムは存在しないことを示している.

醜いアヒルの子の定理 - 機械学習の「朱鷺の杜Wiki」
みにくいアヒルの子の定理とは (ミニクイアヒルノコノテイリとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
みにくいアヒルの子の定理とは、純粋に客観的な立場からはどんなものを比較しても同程度に似ているとしか言えない、という定理である。 1969年に情報理論学者・理論物理学者の渡辺慧が提唱した。...

アヒルと “TANSTAAFL”
「ノーフリーランチ定理」と「みにくいアヒルの子定理」について。
タイトルとURLをコピーしました