今日の人工知能ニュース 

AI

FiNC 代表取締役 CTOが考える「AIビジネスの発展に欠かせない人材」とは

世界的にディープラーニングに関する取り組みが急速に進む中、グローバルから出遅れた日本企業に勝ち筋はあるのか──。国内No.1ダウンロード数のヘルスケアアプリを提供するFiNC Technologies 代表取締役CTO 南野 充則氏が、「日本ディープラーニング協会」最年少理事としての知見を交えながら、人工知能ビジネスにおける日本の現状と人材育成のポイントを解説した。

FiNC 代表取締役 CTOが考える「AIビジネスの発展に欠かせない人材」とは
世界的にディープラーニングに関する取り組みが急速に進む中、グローバルから出遅れた日本企業に勝ち筋はあるのか──。国内No.1ダウンロード数のヘルスケアアプリを提供するFiNC Technologies 代表取締役CTO 南野 充則氏が、「日本ディープラーニング協会」最年少理事としての知見を交えながら、人工知能ビジネスに...

AI(人工知能)の費用対効果を最大化にするための取り組みを包括的に支援する「YDC AI Incubation Service(インキュベーション・サービス)」を提供開始

株式会社ワイ・ディ・シー(本社:東京都府中市 代表取締役:山本 智明、以下:YDC)は、製造現場の実環境で品質予測や異常検知などの検証を繰返すことで、費用対効果が最大となるAIの適用対象と手段を顧客とともに見出して行く、新しい共創サービス「YDC AI Incubation Service」を本日より提供開始いたします。

AI(人工知能)の費用対効果を最大化にするための取り組みを包括的に支援する「YDC AI Incubation Service(インキュベーション・サービス)」を提供開始
フューチャー株式会社のプレスリリース(2019年7月10日 11時01分)AI(人工知能)の費用対効果を最大化にするための取り組みを包括的に支援するを提供開始

富士通、記事要約AIを期間限定で無償公開。180字と54字の短文に

さまざまな手段で情報発信できるようになり、情報社会と呼ばれている現代、プラットフォームや媒体によって文字数制限があることも多々ある。

そのため、紙面などに掲載した記事を他メディアにも配信している新聞社などは、その都度制限文字数に応じて人手で記事を要約している。

富士通、記事要約AIを期間限定で無償公開。180字と54字の短文に | Ledge.ai
さまざまな手段で情報発信できるようになり、情報社会と呼ばれている現代、プラットフォームや媒体によって文字数制限があることも多々ある。 そのため、紙面などに掲載した記事を他メディアにも配信している新聞社などは、その都度制限文字数に応じて人手で記事を要約している。 その工程を全て代替してくれるかもしれないAIが登

「目的逆算」でAI人材を育成する。成功企業の考え方に学ぶ人材育成戦略

「社内でAI導入をしようと外部ベンダーと組んでプロジェクトを立ち上げたにも関わらず、PoCで失敗し予算も底を突きそうだ……。」

そんな状況にある方もいるのではないだろうか?

「目的逆算」でAI人材を育成する。成功企業の考え方に学ぶ人材育成戦略 | Ledge.ai
AI導入が失敗する理由の1つとして挙げられるのが、人材不足だ。社内にAIを理解している人材がいなければ、企画構想やシステムの運用保守で苦労し、本格導入に至らないケースも多い。なぜAI人材がプロジェクトを成功させるために必要なのか、キカガク×ABEJA共催「AI人財、社内育成の秘訣とは」をテーマとしたセミナーの様子をお届...
タイトルとURLをコピーしました