今日の人工知能ニュース 【山口周】「人工知能に奪われる仕事」 を考える人ほど生き残れない理由

AI

【山口周】「人工知能に奪われる仕事」を考える人ほど生き残れない理由

ベストセラー『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』が話題の山口周氏。山口氏が「アート」「美意識」に続く、新時代を生き抜くキーコンセプトをまとめたのが、『ニュータイプの時代――新時代を生き抜く24の思考・行動様式』だ。

【山口周】「人工知能に奪われる仕事」を考える人ほど生き残れない理由
「経営×アート」というコンセプトを打ち出し、「今、経営者が最も会いたい人」とも言われる、大人気の著作家・山口周氏が、新時代を生き抜くための思考・行動様式を教える。

AIの判断根拠、「XAI」で脱ブラックボックスへ

人工知能(AI)活用を進める多くの企業が、AIの「ブラックボックス」化に頭を悩ませている。「深層学習」を使うと高度な分析ができる一方で、AIの判断根拠が不透明になるため、人命などを左右する分野では使いづらい。そこで注目されるのが「XAI(=説明可能なAI)」だ。

AIの判断根拠、「XAI」で脱ブラックボックスへ
人工知能(AI)活用を進める多くの企業が、AIの「ブラックボックス」化に頭を悩ませている。「深層学習」を使うと高度な分析ができる一方で、AIの判断根拠が不透明になるため、人命などを左右する分野では使いづらい。そこで注目されるのが「XAI(=説明可能なAI)」だ。NECや富士通だけでなく、世界のIT企業が技術開発を加速す...

島津製作所、ラボ運営「AIで自動化へ」計画の全貌

島津製作所は人工知能(AI)によりラボ(研究所)の運営を高度化する研究を始めた。試験設備やロボットなどにAIを搭載し、先端分析計測機器などを使った実験の計画立案から実作業、結果解釈、その解釈を元にした次の実験計画立案といった一連の作業をAIに任せ、新たな発見を後押しする。自動化によりラボ運営を効率化するとともに、ビッグデータ(大量データ)の収集・認識・処理などで人間に勝るAIならではの成果を期待する。2020年代前半の実用化を目指す。

島津製作所、ラボ運営「AIで自動化へ」計画の全貌|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、島津製作所、ラボ運営「AIで自動化へ」計画の全貌のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

動画から漫画を自動で生成する「Comixify」を使ってみた

2018年11月、動画から自動で漫画を生成する論文「Comixify」が発表された。動画の自動要約と画像のスタイル変換を組み合わせた研究だ。

動画から漫画を自動で生成する「Comixify」を使ってみた | Ledge.ai
2018年11月、動画から自動で漫画を生成する論文「Comixify」が発表された。動画の自動要約と画像のスタイル変換を組み合わせた研究だ。本稿では、論文をもとに実際に動画を漫画へ変換し、どのような仕組みで変換が行われているのかを簡単に解説する。

第2回 AIの強化学習の基礎を学ぼう

AI・機械学習における「強化学習」の基礎知識と基本用語を、AWS DeepRacerの視点で解説。強化学習で特に重要な「報酬関数」については、重点的に説明する。

第2回 AIの強化学習の基礎を学ぼう
AI・機械学習における「強化学習」の基礎知識と基本用語を、AWS DeepRacerの視点で解説。強化学習で特に重要な「報酬関数」については、重点的に説明する。
タイトルとURLをコピーしました