畳み込みニューラルネットワークとは?

AI

畳み込みニューラルネットワークとは?

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network: CNNまたはConvNet)とは、何段もの深い層を持つニューラルネットワークで、特に画像認識の分野で優れた性能を発揮しているネットワークです。このネットワークは「畳み込み層」や「プーリング層」などの幾つかの特徴的な機能を持った層を積み上げることで構成され、現在幅広い分野で活用されています。

畳み込みニューラルネットワーク (CNN)
畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の仕組みや基本的な考え方について、アルゴリズムのイメージをつかみ易いように平易な言葉で解説しています。また、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)に関連する転移学習やベイズ最適化といった周辺の技術についても紹介しています。

畳み込みニューラルネットワークの仕組み

ディープラーニングの分野でテクノロジの進化が続いているということが話題になる場合、十中八九畳み込みニューラルネットワークが関係しています。畳み込みニューラルネットワークはCNN(Convolutional Neural Network)またはConvNetとも呼ばれ、ディープニューラルネットワークの分野の主力となっています。CNNは画像を複数のカテゴリに分類するよう学習しており、その分類能力は人間を上回ることもあります。大言壮語のうたい文句を実現している方法が本当にあるとすれば、それはCNNでしょう。

畳み込みニューラルネットワークの仕組み | POSTD
(編注:2016/11/17、記事を修正いたしました。) ディープラーニングの分野でテクノロジの進化が続いているということが話題になる場合、十中八九畳み込みニューラルネットワークが関係しています。畳み込みニューラルネットワークはCNN(Convolutional Neural

畳み込みニューラルネットワークとは?手順も丁寧に解説

ディープラーニングについて調べていると、画像認識に使われる手法として畳み込みニューラルネットワークの解説が見つかりますが、

「図も数式もわかりにくくて頭の中が真っ白。どんな仕組みか、数式なしで知りたい!」

という方のために、本記事では、画像認識において最もホットな「畳み込みニューラルネットワーク」について、数式なしで丁寧に解説していきます。

畳み込みニューラルネットワークとは?手順も丁寧に…|Udemy メディア
画像認識などに使われている畳み込みニューラルネットワークについて、人工知能に関する知識があまりない初心者でもわかるよう、丁寧に解説しています。また、手順もわかりやすく紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました