Pythonって何?

Python

Pythonって言葉を最近耳にすることがあると思いますが、解説します↓

スポンサーリンク

Pythonはプログラミング言語

Pythonは「少ないコード量(文量)で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある素晴らしい言語です。今話題の「人工知能(AI)」や「Web開発」、「教育の分野」など広い分野で使われています。

「Python」は、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたプログラミング言語です。実は結構昔からある言語なんですよ!Pythonというユニークな名前は、イギリスのBBCが製作した大ヒットコメディ「空飛ぶモンティ・パイソン」から来ているそうです。
通常、プログラムの規模が大きくなり複雑になってくるとコードが見づらくなります。見づらくなることで読み間違いや書き間違えなどのミスが起こりやすくなり開発効率が落ちてしまうことがあります。

Pythonの特徴

Pythonには以下のような特徴があります↓

  • シンプルで覚えることが少ない構文
  • 1行で多くの処理を記述可能
  • 標準ライブラリとして、言語に多くの機能があらかじめ用意されている
  • さらに幅広い用途に使えるPython向け外部ライブラリが豊富に存在している
  • プログラマがミスしにくいように文法が工夫されているので、習得しやすい
  • モジュールを組み合わせることによって、短いプログラムでさまざまな機能を実現できる
  • いろいろな環境を利用できるので、一度習得すれば幅広い目的に活用できる

Pythonが活躍する分野

AI

PythonがAIの開発に向いているのは機械学習やディープラーニングといったAIに必要な機能をPythonのプログラムが簡単に呼び出せるからです。

科学技術計算

PythonにはNumpyやScipyといった高度な数値計算を行うためのライブラリが揃っています。
Numpyは数値計算を、Scipyは科学技術計算を行う際に利用するライブラリです。

ソフトウェアへの組み込み

PythonはCGを作成するための専門的なソフトウェアなどに、数多く採用されています。

Web

Pythonを使用するとWebアプリケーションを作成できます。

教育用・学習用

Pythonはプログラミング教育の授業や、学習用のプログラム言語として世界中で採用されています。

タイトルとURLをコピーしました