RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

AI
スポンサーリンク

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、ルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念、と定義されています。業務を代行・自動化するソフトウェア型ロボット自体のことを、「デジタルレイバー・デジタルワーカー(仮想知的労働者)」などと擬人化して呼ぶこともあります。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?基本から導入の進め方までまとめて解説 | RPA 国内シェアNo.1 「WinActor(ウィンアクター)」|NTTデータ公式サイト
RPAの概要や仕組みを一から丁寧に解説します。RPAによる定型業務の自動化に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

Amazon Web Services(AWS)向けのデジタルワーカー「Digital AWS IT Admin」(デジタルAWS IT管理者)は、

・サポートチケットの読み取り
・ユーザーパスワードのリセット
・「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)インスタンスの作成
・使用状況レポートの生成

などを実行する。

次世代のRPA型bot「デジタルレイバー」「デジタルペルソナ」とは何か?
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務の仕事全体を自動化するものに進化し始めている。RPAベンダー大手Automation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。

【10分解説】決定版!10分でわかるRPAの基本

【10分解説】決定版!10分でわかるRPAの基本

RPA Tutorial For Beginners | UiPath Tutorials | RPA Training | Intellipaat

RPA Tutorial For Beginners | UiPath Tutorials | RPA Training | Intellipaat

業務効率が激変するRPA(Robotic Process Automation)とは

RPAは短期間でROI改善効果を出しビジネスの競争力を高めることができます。RPAは、導入が容易であり、様々なシステムとシームレスに連携し、組織のワークフローを変換し合理化することができます。RPA導入ロボットは絶え間なく進捗状況を報告しますので、戦略的に改善しながら、運用上およびビジネス上の予測可能性を高めることができます。

RPAとは マンガでわかる業務効率化 | UiPath
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?RPAのロボットで何ができるのか、どのような効果が得られるのか?RPAによる業務効率化・自動化をマンガでわかりやすく解説します。

RPAとは?RPA導入の3つのメリットと、効率化に成功した3つの事例

RPAとは?いまさら聞けないRPAの仕組みと、3つの導入メリット
働き方改革が提案され、RPAを導入して業務を効率化させたいという企業も多いのではないでしょうか。RPAは大企業だけでなく中小企業にも導入が可能です。RPAを導入して得られるメリットや効果的な業務、導入事例まで、この記事ではRPAについて徹底解説します。

用語解説 情報技術(IT)RPA (Robotic Process Automation)

RPA | 用語解説 | 野村総合研究所(NRI)
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、CSR情報などを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました