自動運転レベル 5

AI
スポンサーリンク

自動運転レベル 5

自動運転レベル 5 に至るには,2 つのアプローチが存在している.1 つは自動運転レベル 1 から徐々に運転自動化の範囲を広げていくアプローチ,もう 1 つは直接レベル 3 以上の自動運転を目指そうとするものである.この時,前者のレベル 1 から徐々に運転自動化を目指すアプローチを採っているプレイヤーは 自動車メーカー などである.他方で,後者の直接レベル 3 以上の運転自動化を目指すアプローチを採っているプレイヤーは大手IT企業である.また後者のアプローチを採る企業として著名なのは,google 社傘下の Waymo 社である.


人工知能・AIランキング

自動運転のレベル

自動運転技術は米国自動車技術者協会(SAE)が「自動運転化レベル」としてレベル0~レベル5までの6段階に区分しており、レベル5では制限なく全ての運転操作が自動化されます。

レベル概要運転操作の主体
レベル0ドライバーが全ての運転操作を実行。ドライバー
レベル1システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作のどちらかを部分的に行う。ドライバー
レベル2システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作の両方を部分的に行う。ドライバー
レベル3決められた条件下で、全ての運転操作を自動化。ただし運転自動化システム作動中も、システムからの要請でドライバーはいつでも運転に戻れなければならない。システム
(システム非作動の場合はドライバー)
レベル4決められた条件下で、全ての運転操作を自動化。システム
(システム非作動の場合はドライバー)
レベル5条件なく、全ての運転操作を自動化。システム
現在の「自動運転」の技術レベルは?|クルマの構造・メカニズム|JAFクルマ何でも質問箱
多くの方が「自動運転」という言葉から想像するのは、乗っているだけで何もしなくても目的地まで連れて行ってくれるようなクルマでしょうか。そのようなドライバーを全く必要としないクルマこそが、まさに理想の「自動運転車」と言えるでしょう。ただし、その...
自動運転の6つのレベルの解説 | シノプシス車載システム
自動運転車が自動で路上を走行できるようになるには、6レベルの運転支援テクノロジーの発展段階を経て進歩していく必要があります。SAEは0(完全手動)から5(完全自動)まで、自動運転の6つのレベルを定義しています。詳細はこちら。

SAEとは?

SAE InternationalはSociety of Automotive Engineersの略称で、1905年に設立した団体が母体としたあらゆる乗り物の標準化機構です。全世界から9万人を超えるメンバーが加盟しており、Automotive(オートモーティブ)という言葉を生み出したのもSAEです。

【自動運転】自動運転レベルとは?レベル0~5まで分かりやすく解説! | カーナリズム
最近よく耳にする「自動運転」。しかし単に自動運転と言っても、「自動運転 レベル3」など自動化されている機能によって段階ごとに定義(レベル)付けされています。こちらの記事では、自動運転のレベル0~5までを詳しく説明しています。(※2020年更新しました)

Waymo 社

ウェイモ(英: Waymo)とは、Alphabet傘下の自動運転車開発企業。2016年12月13日にGoogleの自動運転車開発部門が分社化して誕生した。

 

Waymo | TechCrunch Japan
TechCrunchはスタートアップ企業の紹介やインターネットの新しいプロダクトのレビュー、そして業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディアです。日本版TechCrunchは海外版記事の情報だけではなく、日本独自の視点からも情報を発信しています。

 

Google(グーグル)系の自動運転開発会社Waymo(ウェイモ)が2019年11月1日までに、米アリゾナ州の最大都市フェニックスにおいて、セーフティドライバーを同乗させない状態での自動運転タクシーのサービス提供を開始したことが明らかになった。

Google系自動運転タクシー、遂に「完全無人化」 ローンチ1年弱で
Google(グーグル)系の自動運転開発会社Waymo(ウェイモ)が2019年11月1日までに、米アリゾナ州の最大都市フェニックスにおいて、セーフティドライバーを同乗させない状態での自動運転タクシーのサービス提供を開始したことが明らかになった。

 

 

タイトルとURLをコピーしました