シンボルグラウンディング問題とは?

G検定

シンボルグラウンディング問題(シンボルグラウンディングもんだい)とは、記号システム内のシンボルがどのようにして実世界の意味と結びつけられるかという問題。記号接地問題とも言う。 ハルナッド(w:Stevan Harnad)によって命名された。

シンボルグラウンディング問題(記号接地問題)が解決しました1

たとえば、一度食べたことのある人は、「梅干し」と聞けばその味を想起して口の中に唾液(だえき)が出てくるなどの現象が起こるが、AIにはそういった想起ができない。

シンボルグラウンディング問題

「りんご」を一度も見たことがない人は、「りんご」という記号(文字列)を与えられただけでは「りんご」が一体何なのかを理解できません。さらにコンピュータにおいては「青りんご」という記号を与えられただけでは、それは単なる記号の羅列に過ぎないため、それが「青いりんご」を指すとは理解できないのです。

| 入社1年目が教わる「はじめての人工知能」 第2回:人工知能(AI)の歴史
現在、人工知能(AI)は人びとの生活や産業に革新をもたらす技術として世界中で注目されています。本ブログではこれからビジネスにAIを活用する方に向けて、ブレインパッドの入社1年目が先輩社員から学んだAIの"基礎"を連載形式でお届けします。第2回目は「人工知能(AI)の歴史」をわかりやすく解説します。
シンボルグラウンディング問題について -人工知能が超えつつある壁 - データサイエンティストAnchorBluesのブログ
最近は人工知能技術の発展が目覚ましい。 どうして最近になって急激に人工知能技術が発展したのだろうか? その理由の一つとして、Deep Learningによって、「シンボルグラウンディング問題」を克服することが出来たから、というのがあげられる。 Deep Learningについては今回はひとまず置いておいて、今回はこの「...
タイトルとURLをコピーしました