アンサンブル学習

G検定

機械学習において、単一の学習器をそのまま使うのではなく、複数の学習器を組み合わせることで、予測エラーを小さくする手法をアンサンブル学習といいます。
アンサンブル(混合学習手法の)には複数の学習器の平均や多数決を取るvoting、構成済の学習器の誤りを反映して次段の弱学習器を形成するboosting、そして初段の学習器の出力結果を次段の入力結果とするstacking(以下スタッキング)とよばれるものがあり、Kaggleなどのデータ分析コンペでは良く使われます。

アンサンブル学習とは、その名の通り、簡単に言えば多数決をとる方法で、個々に別々の学習器として学習させたものを、融合させる事によって、未学習のデータに対しての予測能力を向上させるための学習です。アンサンブル学習の特徴は、単純にアンサンブル学習そのものを回帰や分類の機械学習のアルゴリズムの手法として用いるだけでなく、他の機械学習アルゴリズムの学習係数を求める際などに、補助的に用いられる等、その使い道は非常に幅広いものとなっております。

【入門】アンサンブル学習の代表的な2つの手法とアルゴリズム
目次1.あらすじ2.アンサンブル学習の有効性とは?3.バギングとは?4.ブースティングとは?AdaBoost 1.あらすじ 人工知能ブームがどんどん加速する中、ニューラルネット、SVM、ナイーブベーズ等、様々な機械学習の ...
タイトルとURLをコピーしました