今日の人工知能ニュース AIよ、なぜこの株を買う 長期運用に挑戦させてみたが

人工知能

AIよ、なぜこの株を買う 長期運用に挑戦させてみたが

自ら考え始めた人工知能(AI)。なぜそう考えたのか、その判断の根拠は人間にはわからない。「ブラックボックス」のままで、命や安全をゆだねることができるのだろうか。

AIよ、なぜこの株を買う 長期運用に挑戦させてみたが:朝日新聞デジタル
■シンギュラリティーにっぽん 自ら考え始めた人工知能(AI)。なぜそう考えたのか、その判断の根拠は人間にはわからない。「ブラックボックス」のままで、命や安全をゆだねることができるのだろうか。

作れば作るほど安くなる、クロスコンパスが製造業向け定額制AI生成ツール

 クロスコンパスは2019年6月18日、製造業向けのAI(人工知能)生成ツール「MANUFACIA(マニュファシア)」を発表した。同年6月21日から、定額制で利用できるサービスとして一般顧客への提供を始める。2018年12月からスタートしたAI性能デモ評価サービス「AI Factory」を用いた、MANUFACIAの無償トライアルも開始する予定だ。

作れば作るほど安くなる、クロスコンパスが製造業向け定額制AI生成ツール
クロスコンパスは、製造業向けのAI生成ツール「MANUFACIA(マニュファシア)」を発表した。2019年6月21日から、定額制で利用できるサービスとして一般顧客への提供を始める。

災害時の情報収集にSNS活用、AIが信頼性を評価 LINEや自治体ら「AI防災協議会」設立

災害時の情報収集にSNSの書き込みやAI(人工知能)を活用する仕組みを検討する「AI防災協議会」が6月18日に設立された。LINE、ヤフー、SOMPOリスクマネジメントなど8社に加え、AIや防災などを専門にする研究機関と有識者、茨城県など全国18の自治体が参加する。

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

Visaの人工知能活用リスク管理ツール 年250億ドル以上の効果と試算

 Visaは6月17日(現地時間)、人工知能を活用した「Visa Advanced Authorization(VAA)」による金融機関の詐欺被害の抑止効果が、年間で推定250億ドル以上に達したと発表。加盟店や消費者のための、より安全なグローバル決済エコシステムの実現を可能にしたという。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5514142
タイトルとURLをコピーしました